CONTENTS

【アトラスコラム】 第9回

コラム

アトラスコラム

第9回

横河電機ってどんな会社?

 

明けましておめでとうございます。2023年もアトラスコラムをどうぞよろしくお願いいたします。

本年も不定期ながら熱烈なアトラスコラムファンの皆様へお届けいたします。

 

新年最初のコラムは新年幕開けに相応しい?内容での配信となります。

本コラムの読者には就活生や、転職を考えている人がたくさんいるのではないでしょうか。

…いて欲しいです笑

そんな方達に向け、少しでもお力になれればと思い、まずはかつてアトラスターズの母体であった横河電機株式会社についてご紹介をしてみたいと思います。

因みに現在アトラスターズはクラブチーム化しており、一般社団法人横河武蔵野スポーツクラブの男子ラグビーのトップチームという位置付けとして日々活動しております。

今後スポンサー様含め、色々とご紹介できたらと思います!

さて本題です。横河電機がどんなことをしている会社か、実は知らない方が多いのではないでしょうか?

まずはイメージからです。

みなさんがお風呂に浸かりたいと思った時、今ではボタンひとつで湯量、温度、お風呂が沸くまでの時間、全て自動で調節・計算されるかと思います。入浴中、温度が下がれば追い焚きされますし、湯量が減れば設定した水位までお湯がたされ、さらにお風呂が沸く前にはお知らせまでしてくれます。

まさにそう言った制御(コントロール)が大掛かりに行われているのがプラントと呼ばれる設備です。石油プラント、製油所、化学プラント、身近なところではビール工場など飲料を取り扱うプラント、ゴミ処理のクリーンセンター等々、いわゆる大きな工場を制御しているのが横河電機の製品になります。

 

(横河電機採用サイトより抜粋<https://www.yokogawa.co.jp/recruit/freshers/company/index.htm>)

 

横河電機は自社の計測機器を使い温度、流量、圧力などを測り、そのデータをもとに調節、つまり制御/コントロールをするシステムを持っています。先述のお風呂の例のように温度や水量を一定に保ったり、決めた数値に変更したりとコントロールするわけです。お湯だった部分が、石油や化学品に置き換わるとイメージしていただけるといいかもしれません。

また、必要に応じてアラームを出し、状態をお知らせする機能もあります。危険を察知した際は大規模な事故を避けるために、シャットダウン(緊急運転停止)する装置もあります。

対象となる産業は石油、ガス、化学、電力、鉄鋼、紙パルプ、薬品、食品等々多岐に渡ります。実は目につかないところで産業の下支えをしているのです。

 

そういえば、アトラス君は下から地球を支えているって、ご存じでしたか?

<アトラス君>

 

そんな横河電機はなんと創業1915年、100歳オーバーです。老舗企業!

海外拠点数は100を超え、グローバルカンパニーとして全世界の社員が一丸となって働いています。

かなり簡単ではございましたが、横河電機がどんな会社なのか、雰囲気はご理解いただけたでしょうか。

横河電機の強みは【測る力】と、それらを【繋ぐ力】です。

 

ご紹介した内容以外にも、上記の強みを活かして他の分野にも力を入れています。ライフサイエンスやリニューアブル等も力を入れている分野です。

まずは一般的な部分を知っていただきたく、今回のコラムを書きました。

もっと知りたい、そう思った方はアトラスターズのホームグラウンドに是非!

 

横河電機ホームページ

https://www.yokogawa.co.jp/

横河グループ採用情報

https://www.yokogawa.co.jp/about/careers-j/

 

HP:https://atlastars.yokogawa-musashino-sc.tokyo/

Facebook:https://www.facebook.com/yokogawamusashino

Instagram:https://instagram.com/aggressiveatlastars?igshid=YmMyMTA2M2Y=

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCqtyyL0Xng1DoGWoekXnpLg